中途採用で、JTBに転職したい、と考えている方は多いかと思います。日本を代表する旅行代理店として、知らない人はいませんね。
転職するために、「本当に大丈夫なのか?」と情報を探してみても、転職サイトやその企業のサイトには表向きの情報しか無いのは間違いありません。また、最近口コミ系のサイトが流行っていますが、それを見てみたとしても、そのサイト自体に登録するためのハードルもあり、登録したとしても情報量が膨大で見るのも大変です。結果、本当に転職して大丈夫なのか?と思ってしまうでしょう。
その一方で、この方法なら失敗しないという唯一無二のやり方が、単純ですがあります。
このページでは、JTBへの転職について、どうしたら正確な情報を得られるか、そのうえで転職したいと思ったらどう対処すべきか、現役エージェントの知見から、JTBへの転職について触れたいと思います。
このページを読んでいただければ、JTBへの転職についての情報は一通り揃っているかと思います。あなたがJTBに転職すべきかの判断材料になり、さらに転職したいと思った場合、JTBに理想の転職が実現できる可能性が高まるはずです。
ちゅうちゅう

JTBに転職したい方向けの記事です。ちょっと長いですが、読んで損はないはずです。

リアルリアル

(JTB。うおォンうおォン。)

次章以降で詳細について触れますが、JTBへの転職についての所見をまとめます。

転職を考える際、押さえるべきJTBの特徴

  • 国内旅行販売においてトップシェアを誇り、JTBグループを統括する大手旅行会社。
  • 保守的で法令遵守の意識が高い会社。
  • 研修プランとして、視察目的で旅行すれば安く行ける。
  • 募集中の職種は、営業、マーケティング、Web系エンジニアなど。
  • 大卒以上など学歴を問われる求人もあるが、経験年数は特に問われない。
  • 残業時間は部署により違いがあり、店頭勤務は終業時間が遅い場合もある。
  • 旅行業界の中では高水準の年収。

JTBへ転職するために、押さえておくべきポイント

  • 単に旅行好きだけではやっていけない面がある為、仕事として旅行業に携わりたい明確な理由があるかどうかの見極めが必要。
  • 一般に公開されていない求人を知るためにも、転職エージェントを使うのがおすすめ。

2.JTBってどんな会社?

項目 内容
会社名 株式会社JTB
代表者 代表取締役社長 髙橋 広行
本社所在地 東京都品川区東品川二丁目3番11号
設立 1963年11月12日
資本金 払込資本 23億400万円(授権資本 32億円)
主な事業内容 旅行業を中心に事業を営んでおり、事業持株会社としてJTBグループを統括する。
従業員数 29,153名(グループ全体 2018年3月31日現在)

事業内容

JTBグループは、国内旅行における取扱額は群を抜いており、海外旅行や訪日旅行でも圧倒的な存在感を示しています。ルックJTB(海外パッケージ旅行)、エースJTB(国内パッケージ旅行)、旅物語(通販主体の国内・海外パッケージ旅行)、JTBクルーズ(クルーズ旅行専門ブランド)など多彩なパッケージ旅行があり、多様化する旅行者のニーズに対応しています。また、旅を扱うJTBならではのソリューションで、効率的な出張・経費精算業務をサポートする総務系ソリューション事業なども手掛けています。他には、メガスポーツイベントを活用した新たな価値創出に取組んでおり、観戦を中心とした旅行商品の推進によりスポーツマーケットの拡大に貢献しています。

今後の事業展開

2018年4月より新たな事業ドメインとして「交流創造事業~JTBならではのソリューション(商品・サービス・情報および仕組み)の提供により、地球を舞台にあらゆる交流を創造し、お客様の感動・共感を呼び起こすこと。」を掲げ、グループをあげて第三の創業にチャレンジしています。様々な人流・物流・商流を生み出し、交流を創造することで社会課題解決と地方創生に貢献し、全国、世界各国からの集客を促すことで地域活性化を図るとしています。

インバウンド(訪日旅行)ソリューション

2020年の東京オリンピックに向け、政府は訪日外国人観光客数の目標を4000 万人まで引き上げました。その追い風を受け、JTBは訪日外国人観光客集客のため様々な取り組みを行っています。訪日外国人客を呼び込むためのマーケティング、その地域ならではのコンテンツの開発、旅行者のストレスを軽減する多言語対応や人材育成等の受入環境整備までトータルで支援し、全国の企業や組織、自治体と連携をしながら、日本全国のインバウンド誘客の拡大に貢献していくとしています。また、JTBは独自の自主調査によって訪日外国人の意識と行動傾向を把握しています。この調査結果と、34カ国94都市358拠点のネットワークを駆使して、訪日外国人に対して海外現地と日本国内の双方向から適切なプロモーション展開を行っています。

3.JTBは、転職者に対してどんな人材を求めている?

募集職種

中途採用で募集中の職種は、営業、マーケティング(データドリブンマーケティング)などがあります。店頭営業(カウンター窓口での業務)は、現時点では契約社員での募集となっているようです。

データドリブンマーケティングは、

  1. 分析に必要なデータベースを構築し整備する。
  2. ビッグデータを用いた顧客分析(量的分析/質的分析)を行う。
  3. 分析側から受け取った施策方針をもとに、何を仕掛けるかを設計し、実行する。

の3つに分かれた募集となっています。

求める人材

JTB求人情報ページには、求める人物像として以下が記されています。

自律創造型社員

  • 新しい情報やスキルを継続的に習得し、自己成長への努力を惜しまない人。
  • 物事や組織の課題を認識し、その解決に向けて、自律的 主体的 に考え、行動できる人。

必要とする資質

  • コミュニケーション能力
  • ホスピタリティ精神
  • 主体性
  • 発想力
  • ポジティブ思考』

JTBグループでは、「人を求める」という考え方のもと、「採用」ではなく、「求人」という言葉を使用しています。企業が一方的に人を採るのではなく、お互いが本気で人を求め、納得してこそ、求人・就職は成り立つというのが基本的な考え方であり、JTBグループの財産は「人」にほかならないとしています。これらのメッセージから、細かなスキルよりは人間性を重視した求人活動を行っていると考えられます。人と人とのリアルな出会いやコミュニケーションを大切にし、ホスピタリティマインドに溢れる方に向いている会社だと言えるのではないでしょうか。

また、JTBの求人情報ページには「JTBの仕事」として、仕事内容や社員の方のインタビューが載っており、転職へのヒントを与えてくれると思います。「仕事カタログ」というパンフレットをダウンロードすると、さらに詳しい情報が得られます。どこの部署の社員が、日頃何を考え、どのように仕事に取り組んでいるのか、人間性も含め感じることができるでしょう。あなたが興味のある事業に取り組む社員の方の意見は、書類・面接対策においても必ず目を通しておきましょう。

給料(年収)

平均年間給与:
平均年齢:
平均勤続年数:

労働時間

平均残業時間:25~28時間/月

 

企画、営業などは役職者により残業が管理されているため、サービス残業などはほとんどなく基本的に繁忙期以外は残業自体しない方針だということですが、部署によっては慢性的に残業しているということなので、部署による違いがかなりあるようです。店頭勤務の場合、休日出勤などはないが勤務時間が長く大変だったという声もありました。店舗によっては弾力シフト(過去の情報を統計し、込み合う時間に多くの人員を配置するシフト)という独自の勤務体系をとっており、土日祝日の夕方から4時間勤務というような働き方もあるようなので、注意が必要です。

ちゅうちゅう

営業、マーケティングなどの職種で募集があるようです。また、高いコミュニケーション力を持つ、ホスピタリティ精神に溢れた人材を求めているようですね。

リアルリアル

(いいじゃないか。)

4.JTBの求人情報にはどんな傾向がある?

転職サイトを各種調べたところ、技術職の求人がいくつかありました。その求人を調べると、以下の傾向があります。

  • Webマーケティング、UIデザイナー、フロント・ミドルウェアエンジニア、ITセキュリティエンジニアなどを募集。
  • 業務経験年数までは問われない。
  • 大学院、大卒以上など、応募資格として学歴が問われるものもある。

旅行もWeb販売が主流となっている今、JTBでも競合他社に負けないようなWebサイトを再構築すべく取り組んでいます。そのため、現在は外部会社に発注している開発や運用の業務の一部を自社で行う、多くのプロジェクトを同時並行するためのPM機能を厚くする、などに取り組んでおり、Web系のエンジニアを広く募集しているようです。

 

ただ、これはあくまで一般に公開されている求人であり、非公開の求人というものがある可能性があります。

例えば、転職エージェントのdodaの場合、非公開求人が公開求人の3倍以上の規模に上るため、doda非公開求人の方には他の技術系・事務系職種も含まれている可能性があります。

ちゅうちゅう

Web系エンジニアの募集が多いようですが、隠れ求人の存在は気になるところです。

リアルリアル

(いわゆる裏メニューってやつか。悪くない。)

5.JTBの現役社員・元社員からの評判は?(口コミ)

口コミや内部情報を以下にまとめました。新卒入社と中途入社では当然差があることを踏まえ、中途入社した人のみの内部情報です。

項目 コメント
給与・福利厚生
  • ボーナスは年二回で、夏は業績連動、冬は固定。
  • 他業種と比較するとそれほどでもないが、旅行業界では高水準。
  • 賞与は支店の売上に連動するため、都心部の大きい支店では自動的に給与が上がる。
  • レジャー関連(映画、観劇、テーマパークなど)の割引がある。
ワークライフバランス
  • 近年サービス残業が急速に改善された。
  • 添乗など出張が多いので、家事や育児との両立には限度がある。
  • 店頭勤務では、繁忙期に残業が続く。
  • 労働組合がしっかりしており、積極的に有休が取れる。
社風
  • 法令遵守意識が強い。
  • チャレンジよりは安定志向。
  • 組織が大きいので、事業部、支店によって社風は異なる。
  • 上意下達の文化が強く、昔ながらの日本の大企業。
成長機会・キャリア開発
  • 営業として鍛えられる。
  • 臨機応変な対応力が身につく。
  • 旅行以外にも多くのプログラムがあり、提案の幅は大きく裁量権も大きい。
  • 同時案件が多く、優先順位の付け方が鍛えられる。
入社後のギャップ
  • 旅行が好きだけでは務まらず、趣味程度の旅行知識は無意味だった。
  • 業務量が多くこなすことに精一杯で、想いを込めて仕事するのが難しい。
  • 数字を追い求めることや体育会系だと感じる場面が多い。
  • 繁忙期はかなり忙しく、体力的にきつい。
退職検討理由
  • 旅行業界の将来に不安があったから。
  • 若手にとっては成長できる環境だが、30歳以降のキャリアステップが見えにくい。
  • シフト制で、世間一般の大型連休に休めない。
  • 業務量が多く、持ち帰り残業もあった。

給与・福利厚生

旅行業界全体の平均年収に関して、不満を持っている方は多いようです。ただ、その中でもJTBは多くもらえている方だという意見がありました。基本給、賞与とは別に海外出張(添乗、視察)時の日当が臨時ボーナスのように入ってくるため、繁忙期で添乗に出る機会の多い社員は基本給の半分以上を日当でもらうこともあるようです。また、景気に大きく左右されてしまう業界なので、業績連動のボーナスは安定しないという意見もありました。

福利厚生は、宿泊補助金やテーマパークの優待などがあるとのことです。住宅手当は職種によって異なり、店頭勤務の場合は出ないようです。中には、単身赴任した際に帰省手当、転居手当、別居手当、指定勤務外手当など各種手当がついたという口コミもありましたので、職種によって違いが大きいようです。他には、研修プランとして、レポートを書いたり視察をしたりという目的で旅行すれば、安く行けるという情報がありました。

ワークライフバランス

業界の特性上、繁忙期と閑散期の差が非常に大きく、繁忙期は毎日遅くまで残業が続きプライベートなどない状態といった意見がありました。また、店頭勤務の場合、店舗によっては遅くまで営業しているため定時が遅くなり、夜からの予定が入れられないといった意見もありました。一方で、営業の方の中には、働き方改革により厳しい労務管理がなされており、ワークライフバランスは取りやすいと感じている方もいらっしゃるので、部署による差が大きいと考えられます。また、不定期に土日に添乗業務が入るため、バランスは調整しにくいという意見も見られました。

社風

JTBは2018年4月より15社を本社に統合して一社化しており、社風はそれぞれの部署により異なるようですが、体育会気質のある部署もあるようです。また、管理職クラスは交通公社時代からの社員が多くかなり保守的であり、新しいことを進めるのに労力が要るという意見がありました。同業他社と比べても、お堅い感じがするという意見もありましたが、法令順守の意識が高く、コンプライアンスもしっかりしているようです。

成長機会・キャリア開発

近年は地方創生・地域活性化といった社会貢献できる仕事も多く、一口に「旅行業者」とは片付けられない幅広い仕事に従事できるという意見がありました。また、自分次第で顧客に対していくらでも価値ある旅行を提供できるので、たとえ仕事量が多くてもやりがいのある仕事に挑戦したいという方にとってはおすすめの企業だという意見もありました。また、国内外の添乗業務を数多く経験し、不測の事態が発生しても旅行を完遂できるような対応力がつき、予測不可能な事態を全力で切り抜けることで顧客からの絶大な信頼を得ることが出来たと感じている方もいらっしゃいました。法人営業では、会社の役員の方たちと話す機会が多く、営業の最前線で経験豊富な顧客と対等に話し合えたことは、貴重な経験だったという声もありましたので、個人次第でいくらでも成長できるようです。

入社後のギャップ

旅行が好きだからという理由だけで入社してしまうと、入社後にギャップを感じやすいのかもしれません。入社するとほとんどの者が現場の支店に配属され、その現場はまさに男女関係なく数字の世界であり、旅行を『売る』という強い意識がないと、社内での評価は上がらないと感じている方もいらっしゃいました。また、あくまで他人の旅行のお世話をすることが仕事であり、自分で旅行を楽しむ余裕はないということ、人を楽しませる、喜ばせるということが好きな人には向いている仕事だという意見もありました。同様に、他人の旅行のことを熱心に考え寄り添ってアドバイスできるかどうかは、旅行の好き嫌いとは別の話であり、自分の行動で人を喜ばせたいというホスピタリティマインドを持つ方は向いているという意見もありました。旅行が好きというだけでなく、仕事として旅行業に携わりたい明確な理由があるかどうかを自分自身に確認することが重要だと思われます。

退職検討理由

旅行業界全体に言えることですが、給料があまり高くない割に業務量が多いという理由が多くありました。繁忙期はかなり忙しく、若いうちは頑張れるが、この先ずっと続けるには体力的に不安があったという意見も複数ありました。また、店舗の売り上げでボーナスが決まる為、個人の頑張りが金額として反映されにくいところに不満を持っている方も多くいらっしゃるようです。

 

ちゅうちゅう

地域活性化のような、「旅行業者」だけでない幅広い業務を経験できるようです。やりがいのある仕事が多いようなので、若いうちに経験を積んで成長したいという方に向いている会社かもしれませんね。

リアルリアル

(考えるな。感じるんだ。)

6.JTBへの転職を成功させるには?

ここまで読んで、JTBへの転職意欲は高まりましたか?

JTBに転職する方法で一番おすすめしたいのは、転職エージェントの活用です。

※転職エージェントとは?

「エージェント」というのは、いわゆる「代理人」です。転職エージェントは、転職希望者と中途採用の求人を出している企業とをつなげるのが役割です。転職エージェントは、採用が成功した場合に企業から手数料がもらえるので、転職希望者からはお金をもらいません。そのため無料で利用できるサービスです。これらのサービスは、サイト上で登録をすると転職エージェントの方から面談の誘いがメールで来ます。そのうえで日程を調整してその転職エージェントの企業に訪問し、面談を行います。面談では、「具体的に転職を考えているのか」「なぜ今の会社を辞めようと思っているのか」「どういった会社に移りたいと思っているのか」というような質問があり、それに答えていくかたちになります。転職エージェントに登録する転職希望者は、「一刻も早く転職したい」という人もいれば、「特にまだ転職は考えていないが、良い求人があれば転職したい」など様々な思いを抱いています。そのため、面談で「具体的に転職を考えているのか」という質問に対して、「今は情報収集している段階です。」と答えても、まずイヤな顔はされないと思って大丈夫です。
では、JTBに転職する場合に転職エージェントを活用すべき理由ですが、以下4点です。
  • 一般には公開されていない、JTBの求人情報について入手できる可能性がある。
  • 書類選考・面接について、JTBに特化した対策を行ってもらえる。
  • 年収など、求人企業との待遇面の交渉について代行してもらえる。
  • 転職後に実際に配属される部署の実態について、詳しい情報を教えてもらえる。

一般には公開されていない、JTBの求人情報について入手できる可能性がある。

例えばdodaの場合、サイト上で公開されている求人の3倍以上もの非公開求人を取り扱っています。

※転職エージェントはなぜ全ての求人を公開しないのか?

転職エージェントは全ての求人を公開しない、というよりは公開できないのです。これはなぜかと言うと、企業は人ありきとよく言われますが、あくまでビジネスあってこその人と言うこともできます。要するに、既存ビジネスの強化・新規ビジネスの創出を行うために人が必要なのです。そのため、特に新規ビジネスについては、開始する前、もしくは開始して間もなくは他社にそのことを知られたくありません。中途採用の募集を行ううえでも、自社のサイトはもちろん、転職サイトにもその情報を載せたくないのです。そうすると、転職エージェントにそのような中途採用求人が集まることになります。なぜ転職エージェントなのかと言うと、転職希望者個人と対面する必要があり、情報をオープンにする必要が無いからです。ちなみに、公開されている求人と比べて、戦略的な採用という色が濃いため年収やポジションも好条件のものが多いのが一般的です。
転職エージェントの大手であればあるほど、JTBの非公開求人も取り扱っています。
あなたのような転職希望者の適性に応じて提示してくれますし、適性に合う求人が無い場合でも、JTBに対して適性に合う求人が無いか、あなたを売り込みに行ってくれることもあります。
そのため、JTBのサイトや転職サイト・転職エージェントのサイト上の求人を見て、自分に合う求人が無い場合には、非公開で取り扱いが無いか、転職エージェントに尋ねてみることをおすすめします。

書類選考・面接について、JTBに特化した対策を行ってもらえる。

転職エージェントは、過去に多くの転職希望者の転職を実現させているため、転職人気企業であればあるほど、その機会に多く携わっています。そのため、選考スタイルや選考プロセスについて熟知しており、ノウハウが豊富です。

どんな人なら受かって、どんな人なら落ちてしまうのか。面接でどういう質問がされ、それにどう答えれば受かり、落ちる場合は答え方がまずかったのか、答える内容自体が間違っていたのか。そのような過去実績に基づく膨大なデータを保有しています。
その根拠データやノウハウを用いて、JTBの書類選考を突破するために、職務経歴書上でどんな内容をどんな風にアピールした方が良いのか、面接の段階では想定される複数の質問に対して、どう答えた方が良いのか、サポートしてもらえます
さらに、面接担当者にはどんな傾向があるのか(結論から論理立てて話すようにしないと、60分の面接でも30分で終わってしまうなど。。)、求人情報ではまず触れられるはずのない情報も持っているため、転職サイトや企業サイトから応募するよりも圧倒的に有利に進められます。
なお、これは意外だと思いますが、このように転職エージェントは転職人気企業ほどパイプが太いため、仮に採用企業側が面接であなたを落とすと判断した場合でも、掛け合ってくれて通過させてくれることもあったりします
基本的に、面接については終了後に転職エージェントに「面接終了しました。」と電話連絡を入れるステップがあります。その際、「おつかれさまでした。面接はいかがでした?」と面接の苦労を労ってもらえるとともに、「うまく答えられなかった質問はありましたか?」など丁寧にフォローを入れてくれます。その内容をもって、転職エージェントはあなたの代理となり、その後採用企業側にフォローを入れてくれるのです。
ただ、全ての転職エージェントがそういった対応を行ってくれるわけではありません。転職エージェントは良いところだけを選ぶようにしましょう

年収など、求人企業との待遇面の交渉について代行してもらえる。

転職するうえで、重要なものの1つは年収でないでしょうか。 年収については、残業の有無と同様に面接で質問することは難しいと思います。

「年収〇万円以上」「年収〇万円~〇万円」という求人情報がほとんどですが、転職エージェントは、転職希望者の適性と過去の転職成功者の適正をマッチングして、「この人なら年収〇万円だろう」などとあたりをつけます。そのうえで、最終面接、もしくはその後に企業から実際の金額について転職エージェントに連絡が入ります。
その段階で、前もってあなたが事前に伝えていた金額よりも低ければ企業側と交渉してくれます。さらに、もしあなたが事前に伝えていた額と同等であった場合でも、それより高くならないか、掛け合ってくれるのです。
これは直接応募ではまず不可能なことだと思うので、転職エージェントに頼りましょう。

転職後に実際に配属される部署の実態について、詳しい情報を教えてもらえる。

これまで見ていただいたとおり、会社自体の情報は事前に仕入れることができても、実際に配属される部署についての情報を仕入れることは不可能に近い、というか不可能でしょう。

一緒に働くうえで、その部署の上司・同僚のタイプや新卒中途・男女の比率、他の関連部署との力関係、会社の中での位置づけなど、事前に知っておくことに越したことはありません。転職エージェントはそういった情報も保有していますので、気になることはどんどん聞いてみましょう。
併せて、気になった会社については、いろいろ悪い口コミ情報などもネットなどで見かけることがあるでしょう。そういった口コミ情報が正しいのか、間違っているのかについても、聞いてみるのが良いでしょう。
ちゅうちゅう

そもそも自分に合った会社なのか、合う場合、受かるためにどうしたら良いか、転職エージェントを味方につけるのが効率的ですね。

リアルリアル

(う~ん、そうきたか。)

7.JTBへの転職で、おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントは有名な会社だけでも10社近くあります。
実際相手にする担当者との相性含め、当たり外れが多いのが実際のところです。登録や面談の手間、日ごろの電話・メール対応も考えると、どの転職エージェントと付き合うかについては、失敗は許されないと言っても過言ではありません。
JTBに転職するために登録すべき転職エージェントを、以下の観点で選びました。
  • JTBの求人について、取り扱い実績がある。
  • JTBへの転職をサポートできるノウハウを持っている。
  • JTB以外の求人情報についても豊富に保有しており、そのような求人についても成功までサポートするノウハウを保有している。
これらの要素が全て当てはまる、具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます。無料なので費用面のリスクもありません。
  登録すべきか 特徴
リクルートエージェント 業界最大手。JTBへの転職サポート実績多数。
doda 業界2番手。JTBへの転職サポート実績多数。提案力に強み。
パソナキャリア もともとパソナとして派遣の方で取引実績があり、独特な非公開求人を持っていたりする。
特に『リクルートエージェント』『doda』の2社は登録を強くお勧めします。
ただ、この2社については最大手でもあり、他の転職希望者も多数抱えるため、対応スピードなどサポートに満足が行かない場合もあるかもしれません。それも踏まえ、『パソナキャリア』も登録しておく方が良いでしょう。
ちなみに、登録完了後、転職エージェントから連絡が来るタイミングはマチマチです。早いところもあれば遅いところもあります。一方で、登録する内容については転職エージェントによる違いはほとんど無く、同じ作業の繰り返しです。
そのため、登録するエージェントが決まったら、一気にまとめて登録してしまう方が効率的です。
各社の特徴は、以下のとおりです。

リクルートエージェント|業界最大手・求人企業からの圧倒的な信頼度

リクルートエージェント』は、リクルートキャリアが運営する業界No.1の転職エージェントです。
若手からベテランまで、幅広いユーザーの転職サポート実績があります。 非公開求人は10万件、登録者数は40万人の規模に上ります。 拠点は全国に16カ所(※)あります。 ※東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、西東京、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡
業界最大手のため、JTBへの転職実績は多数あり、以下のメリットがあります。
  • JTBへの転職実績が多数あり、転職希望者へのサポートノウハウが豊富
  • JTB側からの信頼も厚く、非公開求人の充実につながっている。
JTBへの転職に一番直結する転職エージェントと言えるでしょう。
リクルートエージェント公式サイトhttps://www.r-agent.com/

doda|業界No.2・転職希望者に対する高い提案力

doda

doda』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する業界No.2の転職エージェントです。
若手からベテランまで、幅広いユーザーの転職サポート実績があります。 非公開求人は8万件、登録者数は370万人の規模に上ります。 拠点は全国に10カ所(※)あります。 ※東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、京都、兵庫、広島、福岡
おすすめの求人を紹介してくれる段階になると、結構絞って紹介してくれます。 また、求人企業とのやりとりは担当が別なので、求人について細かい質問をした時など、その場で回答をもらえないこともあります。当然後からきちんと回答はもらえますので、聞きたいことは遠慮せずに聞いておくべきです。
転職希望者のニーズを掘り下げてくれるため、面談時間も2時間ぐらい見ておいた方が良いでしょう。
doda公式サイトhttp://doda.jp/

パソナキャリア|ここでしか取り扱っていないのでは、という独自の求人に強み

パソナキャリア』は、人材派遣大手のパソナが運営する転職エージェントです。
人材派遣で培った長い歴史があり、求人企業との深い関係性から独自の求人に強みがあります。 非公開求人は2,7万件の規模です。 拠点は全国に3カ所(※)あります。 ※東京、名古屋、大阪
リクルートエージェント』や『doda』には規模は劣りますが、もし両社の担当者との相性が良くないなど感じた場合や、独自求人狙いで登録することをおすすめします。
パソナキャリア公式サイトhttp://www.pasonacareer.jp/
ちゅうちゅう

リクルートエージェント』『doda』は大手だからまずオススメってことですね。転職エージェントは何社登録してもタダですしね。そのうえで、いろんな担当者と意見交換できるわけですし。

リアルリアル

どーだ、どーなんだ。)

8.転職エージェントを上手に使いこなすには?

ここからは、実際に『リクルートエージェント』『doda』『パソナキャリア』のいずれか、もしくは全て登録完了した後の話になります。

転職エージェントの担当者から、面談の誘いについての連絡が入ります。その後面談を行うわけですが、そこからの注意点をお伝えします。

仕事観や人生設計含め、転職エージェントに対しては、本音トークを心がけましょう。

転職希望者にとって、転職は人生を賭けた勝負です。そのため、転職エージェントとは最初から本音トークを行いましょう。隠し事はもちろん遠慮して本音を伝えないと、後から「お互い時間の無駄」になってしまいます。

求人企業との面接とは違い、転職エージェントは橋渡し役の立場になるため、「どんな会社を受けたいのか、どんな会社は受けたくないのか」「どんな仕事がしたいのか、どんな仕事はやりたくないのか」この辺は遠慮なく伝えてください。
言ってしまえば、転職エージェントにとって、転職希望者は「商品」という位置付けです。そのため、転職希望者がどんな人間なのか?もちろん初対面ですから知らないわけで、それを知ることによって、提示される求人の精度が高まります。あなたにとっても、求める求人情報以外は提示されたくないと思いますので、遠慮なく最初に本音を伝えておきましょう。
また、複数の転職エージェントを利用する場合、その旨も先に伝えておきましょう。そうすることで、他の転職エージェントに勝つために、あなたへの対応優先度が上がる可能性があります。

転職エージェントから紹介された求人情報に断りを入れる際は、次につながる断り方をしましょう。

転職エージェントとの面談時、もしくはその後日、転職エージェントからあなたの希望に合うと思われる求人情報の紹介を受けます。その際、「うーん、この会社か、あんまりいい話聞かないな。。」とか「うーん、この会社にはすごく入りたいんだけど、この仕事はちょっとな。。」と思う時が必ず訪れるでしょう。その際は、転職エージェント側の気持ちを踏まえ、以下のように次につながる断り方をしましょう。

  • 断りを入れる前に、その求人情報が自分に合うと、どの点で判断したのか聞いてみる。そのうえで、自分の希望に合わない点を伝えたうえで断りを入れる。
  • その会社で働いている(働いていた)知人や友人がいて、内情を聞いている限りどうしても興味が湧かない、と伝えたうえで断りを入れる。
※「ネット上での口コミを見て興味が持てない」というのは、現実性に乏しく、あまりおすすめできません。ただ、その際はその口コミ内容を伝えたうえで、実際はどうなのか聞いてみると良いでしょう。また、転職エージェントの担当者によっては、「口コミサイトは当てにならないし、見ない方がいいですよ。」とあなたに言ってくる場合もあります。そういった担当者に当たった場合は、担当者を変更してもらうことも視野に入れたうえで興味が湧かず断りたい、と意思を表示しましょう。
逆に、以下のような断り方はやめましょう
  • 理由を伝えることなく断りを入れる。
  • 最初の対面時ではなく、後日メールでの紹介があった場合、そのメールを無視して返信しない。
このような対応を行うと、その後紹介される求人がガクっと減ってしまうなど、担当者にとってのあなたの対応優先度が低くなってしまい損につながります。

転職エージェントから紹介された求人情報に興味を持った場合、その求人情報の背景を把握しましょう。

転職エージェントとの面談時、もしくはその後日、転職エージェントからあなたの希望に合うと思われる求人情報の紹介を受けます。その際、「お!これはぜひ受けてみたい!」という瞬間が訪れることがあるでしょう。その際は、転職エージェントに対して、あなたがその求人に興味を持っていることを伝えるとともに、併せて以下のように質問してみましょう。

  • なぜ中途社員が必要なのか(例、新しいポジションか、既存社員が辞めた埋め合わせか、業績向上による人員増強か、など)
  • いつ頃から募集しているのか。
  • 現時点で決まっていない理由は何なのか。
  • 面接に受かる人にはどんな傾向があるのか。逆に落ちる場合はどんな傾向があるのか。
このような確認を行い、得られた情報を書類選考・面接対策に反映することで、あなたの転職成功確率が高まることでしょう。

転職エージェントの担当者と合わない場合は、担当者変更を要求しましょう。

転職エージェントから求人情報の紹介が始まった後が一般的ですが、次のような場合は担当者に直接、担当者変更を依頼しましょう。

  • うまく付き合おうと努力を重ねたが、人間としての相性も含め自分とは合わない。
  • 見当違いの企業ばかり紹介してくる。
  • 求人情報について、担当者自身が詳細把握できていない。
  • メール返信等、対応がとても遅い。
転職エージェントにとっても、避けたいのはあなたが他の転職エージェントに逃げてしまうことです。そのため、その担当者に対して、思い切って担当者変更を依頼しましょう。
その際、注意点は以下のとおりです。
  • (これは必須です!)これまでサポートしてもらった感謝の気持ちを伝える。
  • 転職活動に慣れていないため不安が大きく、「他の担当者の意見も聞きたい」と伝える。要するに、その担当者に外れて欲しいのではなく、別の担当者の意見も聞きたいと伝える。
このように依頼すれば、悪い印象を与えることなく、スムーズな担当者変更につながるはずです。

主導権は転職エージェントではなく、あなたにあることをしっかり肝に銘じましょう。

これが一番重要なのですが、転職エージェントと面談を行い、その後コミュニケーションを続けていく中で、あなた自身の気持ちや担当者との相性によって、「何のために転職活動をしているのか」よく分からなくなってしまう場合があります。

転職エージェントは転職のプロとして、あなたと対等の立場で接してくることが多いです。ただ、中には「どんどん応募しないといつまでも決まりませんよ。多少希望と違ったとしても、まずは受けてみましょう」など、とにかく数をこなすよう促される場合もあります。
その際、転職エージェントに振り回されることなど決して無いよう「主導権は自分にある」ということを肝に銘じましょう「転職エージェントと上手に付き合う」というのは、「転職エージェントを上手に使いこなす」ということです。
決して高慢な態度を出してはいけませんが、「この転職希望者にはぜひ成功して欲しい!しっかり協力しよう!」と、気持ち良く仕事をしてもらうようにしましょう。担当者もあなたと同じ人間です。「最低限のビジネスマナーを守る」「約束は守る、できない約束はしない」「なるべく早めの対応を心がける」など、普段の仕事と同様の感覚で接しておけば間違いないと言えるでしょう。
ちゅうちゅう

転職エージェントはあなたの味方なので、本音で接しつつ協力してもらうためにきちんとビジネスライクに付き合えば何の問題もないってことですね。

リアルリアル

(お頼み申します!)

ここまで読んでいただいた、あなたに
JTBへの転職について、必要な情報は全て提示しました。
転職人気企業ですが、部署によっては激務だったりと、部署単位で満足度が異なる企業という側面もあります。会社としてだけで判断するのではなく、実際どんな環境で働くのか、部署レベルまで落とし込んだ情報収集を行い、そのうえでチャレンジしてみることを強くおすすめします。
JTBへの転職に成功するために抽出した転職エージェント
転職が実現した後、どんな人生を描けるかが本当の勝負です。
「この会社に転職してみて、確かに大変なところもあるけど、それはある程度事前に知っていたことだ。決めたのは自分なんだから頑張って続けよう。」
そういった転職が実現できるよう、少しでも力になれましたら光栄です。
ちゅうちゅう

JTBの攻略がんばりましょう!

リアルリアル

(ごちそうさまでした!)