カイゴジョブエージェント
転職活動で、カイゴジョブエージェントを見かけて、登録してみようかと考えている方もいらっしゃるかと思います。転職サイトや転職エージェント、色々あるけど何を使ったら効率よく転職活動できるのか、悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。
登録するために、「自分に役に立つのかな?」と情報を探してみても、公式サイトには表向きの情報しかありませんし、口コミ系のサイトでも情報量が膨大で見るのも大変です。結果、本当に登録して大丈夫なのかな?と思ってしまうでしょう。
このページでは、カイゴジョブエージェントを使った転職について、どうしたら有益な情報を得られるか、そのうえで転職したいと思ったらどう利用すべきか、現役エージェントの知見から、カイゴジョブエージェントでの転職について触れたいと思います。
このページを読んでいただければ、カイゴジョブエージェントを利用した転職についての情報は一通り揃っているかと思います。あなたがカイゴジョブエージェントを使って転職すべきかの判断材料になり、さらに転職したいと思った場合、カイゴジョブエージェントで理想の転職が実現できる可能性が高まるはずです。
ちゅうちゅう

転職活動でカイゴジョブエージェントは使えるのかな?と思っている方向けの記事です。読んで損はないはずですよ。

リアルリアル

(介護・福祉求人サイトとして最大級のようだな。)

次章以降で詳細について触れますが、カイゴジョブエージェントでの転職についての所見をまとめます。

転職を考える際、押さえるべきカイゴジョブエージェントの特徴

  • 転職サイト「カイゴジョブ」と組み合わせて利用できる。
  • 介護福祉士など、介護職員専門でマッチングを行うキャリアパートナーに担当してもらえる。
  • ハローワーク非公開の求人が多い。
  • 介護業界経験者に有利な求人が多い。

カイゴジョブエージェントに登録するうえで、押さえておくべきポイント

  • 求人地域に偏りがある。
  • コンサルタントによって質の高さが異なる。

2.カイゴジョブエージェントってどんな転職エージェント?

カイゴジョブエージェント
カイゴジョブエージェントは介護・福祉求人サイト最大級の転職エージェントです。 カイゴジョブエージェントを運営している株式会社エス・エム・エスキャリアは「医療介護で働く人を元気にそして日本を元気に」という理念のもと、介護職に特化したマッチングサービスとして運営を行っています。 介護に関するさまざまな資格を持っている人を対象としているため、介護支援専門員の求人だけではなく管理栄養士や医療事務など幅広い求人が掲載されています。大手から中小企業まで、いろいろな規模の会社が求人を掲載しているため、自分の働き方に合わせた仕事探しができます。
項目 内容
対応地域 全国
求人数 50,000
取り扱い職種 介護職・ヘルパー、ケアマネージャー、サービス提供責任者、相談員、管理職、その他
取り扱い施設 デイサービス・デイケア、小規模多機能型居宅介護、ショートステイ(短期入所)、ケアハウス(軽費老人ホーム)、グループホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設(老健)、特別養護老人ホーム(特養)、その他
特徴
  • 転職サイト「カイゴジョブ」と組み合わせて利用できる。
  • 介護福祉士など、介護職員専門でマッチングを行うキャリアパートナーに担当してもらえる。
  • ハローワーク非公開の求人が多い。
  • 介護業界経験者に有利な求人が多い。
  • 求人地域に偏りがある。
  • コンサルタントによって質の高さが異なる。
ちゅうちゅう

かなり規模の大きい転職エージェントのようですね。

リアルリアル

(いいぞいいぞ。)

3.カイゴジョブエージェントのメリットは?

転職サイト「カイゴジョブ」と組み合わせて利用できる

カイゴジョブエージェント
カイゴジョブエージェントは転職サイトで有名なカイゴジョブとセットで利用できる事が特徴です。 同じ会社が転職サイトと転職エージェントを運営していることで、他の転職エージェントとは違った使い方ができます。例えば、カイゴジョブに掲載されている求人なのに、カイゴジョブエージェントの担当者から紹介されないことがあったとします。その場合、「自分に何が足りないから紹介されないのか」など、担当者に尋ねてみることで、より自分にマッチした求人を探しやすくなるのです。 急ぎでなくとも利用できるため、カイゴジョブエージェントなら仕事をしながら転職活動をしている人や、転職の時期を明確に決めていない人も自分のペースで転職活動ができます。

業界最大規模の求人掲載数

カイゴジョブエージェント
カイゴジョブエージェントは介護求人に特化しているため、細かく条件を設定して求人検索が可能です。東京や大阪のような都心部以外にも、自分の住んでいる地域から求人を検索することができるのでIターンやUターンしたい方にもおすすめです。 また一般的な求人サイトでは職種がひとまとめにされていることが多いですが、カイゴジョブエージェントでは介護職員・看護職員・介護事務・管理栄養士・福祉用具専門相談員・送迎運転手などさまざまな職種を設定して求人検索することができます。 業界最大規模の求人掲載数で自分の希望に合った求人を見つけられるのがメリットです。

ハローワーク非公開の求人が多い

カイゴジョブエージェント
転職サイトの方のカイゴジョブでは、介護職を希望する人向けの就職・転職フェア「カイゴジョブフェスタ」も開催しています。一度に多くの企業と直接話すことができ、介護スキルの無料セミナーも開催されているため、1日の仕事内容やどんな資格が必要なのか理解を深めたうえで、転職活動を進めることができます。 他にもサイト内の情報が豊富で「キャリアアップしたい」「職場環境を大きく変えたい」などの思いから転職活動をする人のために、カイゴジョブエージェントには「資格×特徴」「法人格×特徴」など、介護の正しい情報を知るためのコンテンツが充実しています。コンテンツが充実していることで、希望している職種や法人形態以外にも選択肢を広げる事ができます。

介護業界経験者に有利な求人が多い

カイゴジョブエージェント
カイゴジョブエージェントに掲載されている求人は介護業界の経験を求めるものが多いため、業界経験者の転職に有利な傾向があります。そのため介護業界経験者にとっては、多くの選択肢を獲得できるというメリットがあります。 また未経験者は採用時に経験者・有資格者と競うと不利になるため、事前に講習などを受ける事をおすすめします。「カイゴジョブアカデミー」なら、無料で介護職員研修を受ける事ができます。

4.カイゴジョブエージェントで失敗しないために知っておくデメリット

求人地域に偏りがある

カイゴジョブエージェントは全国対応の転職サイトですが、その求人数は都内近郊が多くなっています。 地方の求人もありますが大都市などの主要な都市の求人に偏っているので、大都市以外での転職にはあまり向いていません。全く求人がないというわけではありませんが、関東や関西の大都市圏を離れてしまうと、どうしても数は少なくなってしまうというのが現状のようです。

担当者によって質の高さが異なる。

カイゴジョブエージェントを実際に利用した人たちの口コミを見ると、コンサルタントの対応に不満を持つ口コミも少なくないようです。どの転職エージェントでもそうですが、担当のコンサルタントによってサービスの質は大きく異なってしまうので、不満を持つケースが多いです。 実際に利用してみて、コンサルタントの不安を覚えたときには、その旨を正直に伝えて、担当者を変更してもらうのも一つの手段です。 もし担当者を変更しても満足のいくサービスを受けられないのであれば、他社への乗り換えも検討しましょう。

5.カイゴジョブエージェントの特徴から、向いている人はどんな人?

これまでのメリットやデメリットを踏まえ、カイゴジョブエージェントの利用をおすすめしたいのは、以下の方です。
  • 初めての転職の方
  • コンサルタントによる手厚いサポートを受けたい方
経験豊富なコンサルタントによる手厚いサポートを受けることができますから、不安が少なく、初めての転職の方にもおすすめできます。 正社員の求人を多く保有しているとともに、派遣やパートなどの柔軟に働ける求人も取り扱っているので、正社員への転職を希望する方や柔軟に働きたい人双方に対応しています。 また、求人は関東圏が多めになっているので、その地域での転職を考えている方にも向いているでしょう。 質の高い求人が多いという特徴もあるので、キャリアアップを目指している方にもおすすめしたい転職エージェントです。

6.カイゴジョブエージェントの流れ(最初の登録のやり方から求人を紹介されるまで)

まずはカイゴジョブエージェントの公式サイトにアクセスしましょう。 公式サイトのトップページに「無料会員登録」のボタンがあるので、そちらをクリックしてください。 具体的に画面で見てみましょう。

登録フォームに必要項目を入力していく

カイゴジョブエージェント
トップページの「無料サポートに登録」ボタンをクリックすると、登録フォームが設置されているページに移動します。こちらから必要な情報を入力していきます。

資格を選択

ここでは自分が保有している資格を全て選択してください。 複数選択可能ですので、複数の資格を保有している場合でも、すべて選択することが出来ます。

働き方・時期、通勤、お名前・年、ご連絡先を入力

資格と同じ要領で、これらについても選択・入力してください。
以上でカイゴジョブエージェント登録は完了です。登録後に担当のコンサルタントから連絡が来ます。そこで面談の日程を決め、詳しくヒアリングする流れに移っていきます。

求人の紹介

ヒアリング内容をもとに、希望に合った求人を担当のコンサルタントから紹介してもらいます。非公開求人を含めて幅広く紹介してもらえるので、きっとあなたの希望に合った求人が見つかるでしょう。

7.カイゴジョブエージェントを上手に使いこなすためのコツ・注意すべきポイント

カイゴジョブエージェントは介護職に特化した転職サポートであるため、各地の医療機関や介護施設の情報が豊富です。施設の雰囲気や働く人の声を教えてくれるので、より自分に合った転職先を見つけることができます。 しかし、上手に利用していくためには注意すべきポイントがいくつかあります。 これから利用しようと考えている人も、すでに利用している方も実践できますので、是非参考にしてみてください。

条件の優先度をつける

転職エージェントに登録後はキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進めていきます。そのためキャリアアドバイザーには、転職で「どんなことを実現していきたいか」「希望の条件は何なのか」をしっかりと伝えることが大切です。 その中で、どの条件の優先度が高いのか順番を付けて相談してみましょう。 例えば条件として
  • 給与をアップさせたい。
  • 良い人間関係の職場に行きたい。
  • 介護以外の働き方をしたい。
の3つを考えていたとします。 3つ全てを実現できる求人があることが一番いいですが、難しい場合もあると思います。その時に3つのうちどの条件を一番叶えたいのか、優先順位はどうなるのかを考えておくと多くの求人の中から選びやすくなります。キャリアアドバイザーはその優先度を参考にして、実現可能性が高くあなたの条件に合う求人を紹介してくれます。

キャリアアドバイザーとは本音で話すようにする

転職エージェントを上手に活用するには、キャリアアドバイザーに困っていることや希望を隠さずに正直に伝えることが重要です。
  • 現職の人間関係が上手くいっていない。
  • 休みがもらえていない。
  • 待遇面に納得がいっていない。
  • 給料を○○円上げたい。
  • ○○手当がほしい。
  • ブランクがあるけど復帰したい。
以上のように転職しようと思ったきっかけがあなたにはあると思うので、正直な気持ちを話してみましょう。そうすることで、ただ求人を紹介してもらうだけでなく、働き方のアドバイスもキャリアアドバイザーはしてくれます。 「条件の優先度をつける」の項目でも紹介しましたが、キャリアアドバイザーとあなたは二人三脚で転職活動を進めていきます。キャリアアドバイザーには正直に情報を提供してもらうのはもちろんですが、利用者側のあなたも正直にキャリアアドバイザーに相談しないと二人三脚で進めていけません。 より良い転職活動をするためにも、言いづらいことでも正直に相談してみてください。キャリアアドバイザーはなるべくあなたの希望を叶えようとサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーに内定後の勤務条件まで調整してもらう

転職エージェントを活用すると内定承諾後に勤務条件を良くするためにキャリアアドバイザーが施設側と交渉してくれます。通常、施設の求人に自分で応募する際は、最初に提示された勤務条件に不満があっても自分で交渉するか、我慢しなければならないことが多くせっかく転職するのに「満足できない」ということもあります。 特に給料や夜勤手当、資格手当などお金に関わる条件は交渉しづらいと思います。しかし不満がある状態で働き続けていくと、また転職を考えなければならない事態にもなりかねません。せっかく転職するなら、満足できる条件で長く働ける場所がいいですよね。 最初にお伝えしたように転職エージェントでは、応募時に不満があった条件でもキャリアアドバイザーの交渉次第で内定先に検討しなおしてもらえる可能性があります。遠慮せずに、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。
ちゅうちゅう

転職エージェントはあなたの味方なので、本音で接しつつ協力してもらうためにきちんとビジネスライクに付き合えば何の問題もないってことですね。

リアルリアル

(お頼み申します!)

7.まとめ:大都市圏に限らず、一流のサポートをしっかり受けながら探したいなら登録すべき。

介護求人に特化したカイゴジョブエージェントは、全国多数の求人情報を取り扱っています。 全国対応のため、カイゴジョブと併用し自分に合った求人をとことん探し、エージェントの担当者を味方につけて理想の求人を見つけてみましょう。 カイゴジョブエージェントを上手に活用することで、給与や労働条件、ライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことができ、自分に合った転職活動ができます。
ちゅうちゅう

カイゴジョブエージェント、転職に使えそうでしたか?引き続き活動がんばりましょう!

リアルリアル

(ごちそうさまでした!)