リクルートエージェント

転職活動で、リクルートエージェントに登録してみようか、と考えている方もいらっしゃるかと思います。抜群の知名度を誇るリクルートエージェント、名前をご存じの方は多いかもしれませんね。「リクナビエージェント」と間違われることも多いですが、「リクナビエージェント」というサービスは存在しません。昔からリクルートといえば「リクナビ」のイメージが強いため、誤った呼び方が定着してしまっているようです。

登録するために、「自分に役に立つのかな?」と情報を探してみても、公式サイトには表向きの情報しかありませんし、口コミ系のサイトでも情報量が膨大で見るのも大変です。結果、本当に登録して大丈夫なのかな?と思ってしまうでしょう。

このページでは、リクルートエージェントを使った転職について、どうしたら有益な情報を得られるか、そのうえで転職したいと思ったらどう利用すべきか、現役エージェントの知見から、リクルートエージェントでの転職について触れたいと思います。

このページを読んでいただければ、リクルートエージェントを利用した転職についての情報は一通り揃っているかと思います。あなたがリクルートエージェントを使って転職すべきかの判断材料になり、さらに転職したいと思った場合、リクルートエージェントで理想の転職が実現できる可能性が高まるはずです。

ちゅうちゅう

転職活動でリクルートエージェントは使えるのかな?と思っている方向けの記事です。読んで損はないはずですよ。

リアルリアル

(あのリクルートエージェントなら求人数も期待できそうだな。)

次章以降で詳細について触れますが、リクルートエージェントでの転職についての所見をまとめます。

転職を考える際、押さえるべきリクルートエージェントの特徴

  • 業界最大級の非公開案件を保有しており、あらゆる求職者に対応。
  • リクルートエージェントのノウハウが詰まった独自サービスを利用できる。
  • 企業交渉力が高く、年収アップが期待できる。
  • メールや電話など連絡が遅い時がある。
  • かなり積極性があり、強引と感じる場合もある。
  • 思うような求人を紹介されない場合がある。

リクルートエージェントに登録するうえで、押さえておくべきポイント

  • メールや電話など連絡が遅い時がある。
  • 転職意思が定まっていない場合や社会人経験がない場合は、キャリアアドバイザーの対応が冷たいと感じる時があるかも。

2.リクルートエージェントって、どんな転職エージェント?

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートグループの中核ともいえる「リクルートキャリア」が運営する転職エージェントです。最大手の転職エージェントであり、対応地域の多さ・求人数は群を抜いています。転職を考える際、まずはリクルートエージェントに登録してみようか、という方も多いのではないでしょうか。海外の求人取り扱いもあり、幅広い業種・地域に対応しているのが特徴です。

キャリアアドバイザーとの面談後には、独自のサービスが受けられます。企業選びに役立つ情報や、大手エージェントならではの面接必勝ノウハウを知ることが出来ます。

項目 内容
取り扱い地域 日本全国、海外
面談場所 北海道、宮城、栃木、埼玉、東京、横浜、千葉、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡
取り扱い業種

IT・通信業界、Web・インターネット業界、機械・電気業界、化学・素材業界、商社、物流・運輸業界、小売・卸売・サービス業界、旅行・エンタメ業界、マスコミ・広告業界、人材業界、コンサルティング業界、金融・保険業界、不動産・建設業界、医療・医薬業界、インフラ・官公庁・その他

取り扱い職種

営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、事務・管理、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・ITエンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・設備、医療・医薬・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)

求人数 300,000件以上
特徴
  • 業界最大級の非公開案件を保有しており、あらゆる求職者に対応。
  • リクルートエージェントのノウハウが詰まった独自サービスを利用できる。
  • 企業交渉力が高く、年収アップが期待できる。
  • メールや電話など連絡が遅い時がある。
  • かなり積極性があり、強引と感じる場合もある。
  • 思うような求人を紹介されない場合がある。
ちゅうちゅう

圧倒的求人数を誇り、都市部から地方まであらゆる求職者に対応していると言えますね。

リアルリアル

(いいぞいいぞ。)

3.リクルートエージェントのメリットは?

業界最大級の非公開案件を保有しており、あらゆる求職者に対応。

リクルートエージェント

リクルートエージェント最大のメリットは、何といっても求人数が圧倒的に多いことです。非公開求人は20万件以上あり、他エージェントとは一線を画しています。非公開求人数と比例して独占求人の数も多く、これも業界トップクラスと言えます。

また、幅広い業界・職種の求人を取り揃えており、マイナーな業界への転職にも対応できます。「こんな職種の求人あるかな?」と不安に思っている方も、まずはリクルートエージェントで確認してみましょう。他の転職エージェントで取り扱いのない業種も、リクルートエージェントなら扱っている場合があります。

さらに、日本全国の求人を扱っていることも大きな特徴です。拠点の数も多く、求人は国内のみならず、海外(欧米、アジア、アフリカなど)も多くあります。都市部の求人は、どのエージェントでもそれなりにあるため、地方で転職活動を行いたい方にはやはり、大手のエージェントをおすすめします。

また、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは優秀であるという声も多くあります。熱心にキャリア相談に乗ってくれた、良いことだけ言うのではなく、現実的な話をしてくれたなどの口コミもありました。キャリアアドバイザーは多くの転職者を見てきているので、自分で気づけなかったことを指摘してもらえる可能性も大いにあります。一人での転職活動だと行き詰ってしまうこともあるかもしれませんね。そんな時は、専門家の手を借りてみましょう。

リクルートエージェントのノウハウが詰まった独自サービスを利用できる。

リクルートエージェント

40年の歴史を持つリクルートエージェントには、長年転職支援を行ってきたという実績があります。当然、書類選考を通過しやすい応募書類や、面接時のチェックポイントなどのノウハウが大量に蓄積されています。年間二万人以上の転職支援者をサポートしている、大手エージェントならではのメリットではないでしょうか。

同じ内容でも、効果的な伝え方というものがあります。また、本人が伝えるまでもないとしているスキルでも、企業側にとっては魅力的であるというケースもあります。遠慮せず、ぜひとも履歴書や職務経歴書の添削を受けましょう。

さらに、リクルートエージェントには、キャリアアドバイザーとの面談後に利用できる独自のサービスがあります。エージェントレポートといって、独自に収集・分析した詳しい企業情報を見ることが出来ます。企業サイトを見るだけでは分からない、社風や働く環境、選考のポイントなどを知ることが出来ます。仕事をしながら転職活動を行う場合、なかなか企業分析する時間が取れないこともあると思います。これは嬉しいサービスですね。

他にも面接力向上セミナーがあり、面接の必勝ノウハウを伝授してくれます。参加された方のうち、99%が「大変満足」「満足」と回答されています。面接に不安のある方は、活用してみてはいかがでしょうか。

対企業交渉力が高く、年収アップが期待できる。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、対企業交渉力が高いと評判です。リクルートエージェントを利用して転職した方のうち、6割以上の方が年収アップを実現しているというデータもあります。

労働条件や年収の話など、自分ではちょっと訊ねづらいことってありますよね。特に年収交渉はお金が絡むこともあり、どのタイミングで切り出すべきか、交渉により印象が悪くならないかなど迷うこともあるかと思います。しかし年収交渉は大変重要であり、スタート時の年収がその後の年収に大きく影響することもあります。

こんな時、エージェントが間に入ってくれたら安心できますよね。自分で直接企業側と交渉しないで済むというのは、転職エージェントを利用する大きなメリットとも言えるでしょう。

4.リクルートエージェントで失敗しないために知っておくべきデメリット

メールや電話など連絡が遅い時がある。

連絡が来るのが遅いという口コミがいくつかありました。希望通りの時間に連絡が来なかったり、仕事の案内までに時間がかかったりするという情報もありました。大手であるが故に一人のキャリアアドバイザーが抱えている顧客の数が多く、連絡の頻度が少ない場合もあるようです。

逆に、強引ともいえるほど積極的なキャリアアドバイザーの方もいらっしゃるようなので、担当によって違いが大きいのかもしれません。転職活動の妨げになると感じる場合は、担当者を変えてもらうのも一つの手です。

かなり積極性があり、強引と感じる場合もある。

キャリアアドバイザーの方が、やや強引だと感じる方もいらっしゃるようです。熱心なのは有難いことですが、まだ転職するかどうか悩んでいる段階で強引に話を進められたり、頻繁に催促があったりすることもあるようです。

リクルートエージェントでは、転職支援サービスの提供期間を、面談から転職先が決まるまでの約3カ月としています。この期間はあくまで目安ですが、できるだけ早く転職先を決められるようにと積極的にサポートを行っています。

じっくり時間をかけて転職先を探したい方、そもそも転職するかどうか悩んでいる方は、他の転職エージェントも登録しておいた方がいいかもしれません。

思うような求人を紹介されない場合がある。

リクルートエージェントの口コミを確認すると、転職大成功だった!という意見と、反対に登録する意味が感じられなかったという意見があり、人によって感じ方が随分違うようです。初めは沢山の求人を紹介されたが、何件か面接を断ると連絡が来なくなったなどの口コミもありました。社会人経験が浅い場合も、冷たい対応だったと感じる方もいらっしゃるようです。

担当の当たり外れもありますし、求人数がとにかく多いので玉石混淆であることは否定できないようです。このような場合、紹介された企業がどんな会社なのか、転職に踏み切って大丈夫なのか心配になりますよね。自分で口コミを調べてみたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その際、企業の内情を知るために以下のようなサービスがあります。現役社員、元社員の口コミであるため、信用できる情報なのかどうかの問題はありますが、もし共通する内容が多いなら、その求人を担当するキャリアアドバイザーの方に事実確認してみるのが良いでしょう。

なるべく「新卒社員」は除外し「中途入社社員」の口コミに絞って参考にするのがコツです。また、最低2サイトは利用し、意見の偏りを防ぐことをおすすめします。

ちゅうちゅう

転職口コミサイトを4件紹介しましたが、まずは自分の会社の口コミを見てみるのがおもしろいと思います。

リアルリアル

(考えるな。感じるんだ。)

5.リクルートエージェントの特徴から、向いているのはどんな人?

これまでのメリットやデメリットを踏まえ、リクルートエージェントの利用をおすすめしたいのは、以下の方です。

都市部に限らず地方でも転職を考えており、年収アップを図りたい人

リクルートエージェントの最大のメリットは、全国に豊富な求人を持っていることです。中小規模のエージェントだと、業種によっては地方の案件をあまり持っていない可能性もあるため、リクルートエージェントのような大手に登録したほうが選択肢は拡がります。また、短期決戦を望む方、はっきりと転職意思を固めている方にもおすすめです。

6.リクルートエージェントの流れ(最初の登録のやり方から求人を紹介されるまで)

転職支援サービスを受けるには、まず「会員登録」を行います。

流れは以下のとおりです。

転職希望入力:転職希望時期や希望勤務地など

プロフィールの入力:氏名や電話番号などの基本情報、学歴、語学力など

職務経歴の入力

完了

リクルートエージェントでは、保有スキルや職務経歴書など、比較的細かい情報も登録していきます。少し面倒に感じるかもしれませんが、スキルの棚卸や職務経歴書の作成は、いつかはやらなければいけないものです。ちょうどいい機会と考え、まとめてやってしまいましょう。

具体的に画面で見てみましょう。

転職希望入力

リクルートエージェント

公式サイトにアクセスし、「転職支援サービスに申し込む(無料)」リンクより、転職希望時期や希望勤務地などを入力します。登録、相談すべて無料です。

入力内容は以下のとおりです。

  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種(大分類・中分類・小分類)
  • 現在の年収
  • メールアドレス
  • 転職情報メール

プロフィール入力①

リクルートエージェント

次に、プロフィール登録です。

入力内容は以下のとおりです。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 最終学歴
  • 卒業した学校名
  • 学部学科系統
  • 卒業年月

プロフィール入力②

リクルートエージェント

プロフィール登録の続きです。

入力内容は以下のとおりです。

  • 経験社数(現在在籍している会社も含めて)
  • 現在の就労状況
  • 業種(大分類・小分類)
  • 現在または直前の勤務先
  • 雇用形態
  • 在籍期間
  • 英語力(語学レベル)ネイティブレベル/ビジネスレベル上中初級/簡単な会話レベル/なし
  • TOEIC スコア
  • TOEFL iBT  PBT
  • 英語以外の言語①
  • 語学レベル
  • 英語以外の言語②
  • 語学レベル
  • 海外赴任経験(国名を選択)
  • 滞在期間
  • 語学力、資格、学歴等 150文字以内

語学力は詳しく登録できるようになっています。語学力に自信のある方は、アピールチャンスですね。語学レベルは、ネイティブレベルからビジネスレベル上・中・初級、簡単な会話レベルと選択でき、TOEICTOEFLのスコアの入力欄もあります。英語以外の語学力についても、二つまで登録できるようになっています。海外赴任経験がある方は滞在期間も含めて登録します。その他、資格、学歴等で特にアピールしたいことがあれば、どんどんアピールしましょう。

プロフィール入力③

リクルートエージェント

プロフィール登録の最後に、職務経歴書を入力します。

  • 職務経歴書(2,000文字以内)
  • 伝えておきたいこと(150文字以内)
リクルートエージェントのサイトには職務経歴書の書き方が載っており、職種別にフォーマットがダウンロードできるようになっています。職務経歴書のポイントも職種ごとに分かれて紹介されているので、職務経歴書の書き方に不安がある方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。キャリアアドバイザーとの面談をスムーズに進める上でも、より希望に沿った求人を紹介してもらうためにも職務経歴書は重要です。分かりやすく充実した内容となるよう心がけましょう。 また、ここでリクナビNEXTスカウトサービスに同時登録することができます。登録したレジュメを見た企業や転職エージェントから、直接オファーが届きます。

登録完了

以上で登録は完了です。登録後、7日以内に電話かメールで連絡が来ます。その後、対面または電話にて、キャリアアドバイザーと面談になります。仕事をしながら転職活動を行っている場合、平日は忙しくてなかなか面談の時間が取れない場合もありますね。リクルートエージェントの場合、土日、平日の夜など曜日・時間に関わらず面談の日程を調整してくれるので、忙しい方も安心です。

7.リクルートエージェントを上手に使いこなすためのコツ・注意すべきポイント

ここからは、実際にリクルートエージェントに登録完了した後の話になります。
リクルートエージェントの担当者から、面談の誘いについての連絡が入ります。その後面談を行うわけですが、そこからの注意点をお伝えします。

仕事観や人生設計含め、転職エージェントに対しては、本音トークを心がけましょう。

転職希望者にとって、転職は人生を賭けた勝負です。そのため、転職エージェントとは最初から本音トークを行いましょう。隠し事はもちろん遠慮して本音を伝えないと、後から「お互い時間の無駄」になってしまいます。

求人企業との面接とは違い、転職エージェントは橋渡し役の立場になるため、「どんな会社を受けたいのか、どんな会社は受けたくないのか」「どんな仕事がしたいのか、どんな仕事はやりたくないのか」この辺は遠慮なく伝えてください。
言ってしまえば、転職エージェントにとって、転職希望者は「商品」という位置付けです。そのため、転職希望者がどんな人間なのか?もちろん初対面ですから知らないわけで、それを知ることによって、提示される求人の精度が高まります。あなたにとっても、求める求人情報以外は提示されたくないと思いますので、遠慮なく最初に本音を伝えておきましょう。
また、複数の転職エージェントを利用する場合、その旨も先に伝えておきましょう。そうすることで、他の転職エージェントに勝つために、あなたへの対応優先度が上がる可能性があります。

転職エージェントから紹介された求人情報に断りを入れる際は、次につながる断り方をしましょう。

転職エージェントとの面談時、もしくはその後日、転職エージェントからあなたの希望に合うと思われる求人情報の紹介を受けます。その際、「うーん、この会社か、あんまりいい話聞かないな。。」とか「うーん、この会社にはすごく入りたいんだけど、この仕事はちょっとな。。」と思う時が必ず訪れるでしょう。その際は、転職エージェント側の気持ちを踏まえ、以下のように次につながる断り方をしましょう。

  • 断りを入れる前に、その求人情報が自分に合うと、どの点で判断したのか聞いてみる。そのうえで、自分の希望に合わない点を伝えたうえで断りを入れる。
  • その会社で働いている(働いていた)知人や友人がいて、内情を聞いている限りどうしても興味が湧かない、と伝えたうえで断りを入れる。
※「ネット上での口コミを見て興味が持てない」というのは、現実性に乏しく、あまりおすすめできません。ただ、その際はその口コミ内容を伝えたうえで、実際はどうなのか聞いてみると良いでしょう。また、転職エージェントの担当者によっては、「口コミサイトは当てにならないし、見ない方がいいですよ。」とあなたに言ってくる場合もあります。そういった担当者に当たった場合は、担当者を変更してもらうことも視野に入れたうえで興味が湧かず断りたい、と意思を表示しましょう。
逆に、以下のような断り方はやめましょう
  • 理由を伝えることなく断りを入れる。
  • 最初の対面時ではなく、後日メールでの紹介があった場合、そのメールを無視して返信しない。
このような対応を行うと、その後紹介される求人がガクっと減ってしまうなど、担当者にとってのあなたの対応優先度が低くなってしまい損につながります。

転職エージェントから紹介された求人情報に興味を持った場合、その求人情報の背景を把握しましょう。

転職エージェントとの面談時、もしくはその後日、転職エージェントからあなたの希望に合うと思われる求人情報の紹介を受けます。その際、「お!これはぜひ受けてみたい!」という瞬間が訪れることがあるでしょう。その際は、転職エージェントに対して、あなたがその求人に興味を持っていることを伝えるとともに、併せて以下のように質問してみましょう。

  • なぜ中途社員が必要なのか(例、新しいポジションか、既存社員が辞めた埋め合わせか、業績向上による人員増強か、など)
  • いつ頃から募集しているのか。
  • 現時点で決まっていない理由は何なのか。
  • 面接に受かる人にはどんな傾向があるのか。逆に落ちる場合はどんな傾向があるのか。
このような確認を行い、得られた情報を書類選考・面接対策に反映することで、あなたの転職成功確率が高まることでしょう。

転職エージェントの担当者と合わない場合は、担当者変更を要求しましょう。

転職エージェントから求人情報の紹介が始まった後が一般的ですが、次のような場合は担当者に直接、担当者変更を依頼しましょう。

  • うまく付き合おうと努力を重ねたが、人間としての相性も含め自分とは合わない。
  • 見当違いの企業ばかり紹介してくる。
  • 求人情報について、担当者自身が詳細把握できていない。
  • メール返信等、対応がとても遅い。
転職エージェントにとっても、避けたいのはあなたが他の転職エージェントに逃げてしまうことです。そのため、その担当者に対して、思い切って担当者変更を依頼しましょう。
その際、注意点は以下のとおりです。
  • (これは必須です!)これまでサポートしてもらった感謝の気持ちを伝える。
  • 転職活動に慣れていないため不安が大きく、「他の担当者の意見も聞きたい」と伝える。要するに、その担当者に外れて欲しいのではなく、別の担当者の意見も聞きたいと伝える。
このように依頼すれば、悪い印象を与えることなく、スムーズな担当者変更につながるはずです。

主導権は転職エージェントではなく、あなたにあることをしっかり肝に銘じましょう。

これが一番重要なのですが、転職エージェントと面談を行い、その後コミュニケーションを続けていく中で、あなた自身の気持ちや担当者との相性によって、「何のために転職活動をしているのか」よく分からなくなってしまう場合があります。

転職エージェントは転職のプロとして、あなたと対等の立場で接してくることが多いです。ただ、中には「どんどん応募しないといつまでも決まりませんよ。多少希望と違ったとしても、まずは受けてみましょう」など、とにかく数をこなすよう促される場合もあります。
その際、転職エージェントに振り回されることなど決して無いよう「主導権は自分にある」ということを肝に銘じましょう「転職エージェントと上手に付き合う」というのは、「転職エージェントを上手に使いこなす」ということです。
決して高慢な態度を出してはいけませんが、「この転職希望者にはぜひ成功して欲しい!しっかり協力しよう!」と、気持ち良く仕事をしてもらうようにしましょう。担当者もあなたと同じ人間です。「最低限のビジネスマナーを守る」「約束は守る、できない約束はしない」「なるべく早めの対応を心がける」など、普段の仕事と同様の感覚で接しておけば間違いないと言えるでしょう。
ちゅうちゅう

転職エージェントはあなたの味方なので、本音で接しつつ協力してもらうためにきちんとビジネスライクに付き合えば何の問題もないってことですね。

リアルリアル

(お頼み申します!)

8.まとめ:評判の良し悪しは、都市部・地方で転職を考えていて、転職意思を固めているかどうかによる。

リクルートエージェントについて、必要な情報は全て提示しました。

国内外に膨大な求人を抱えているため、あらゆる転職活動者に対応できますが、特に地方での転職を考えている方には間違いなくおすすめです。また、リクルートエージェント独自の転職ノウハウを知りたい方や、豊富な案件を見て情報収集したい方にもおすすめです。dodaとよく比較されますが、登録するための入力内容は同じですし、どちらも無料です。両方利用して、転職市場価値を知るための情報収集として使ってみても良いのではないでしょうか。

理想の転職が実現できるよう、少しでも参考にしていただければ光栄です。

ちゅうちゅう

リクルートエージェント、転職に使えそうでしたか?引き続き活動がんばりましょう!

リアルリアル

(ごちそうさまでした!)