ワークポート(workport)

転職活動で、ワークポートに登録してみようか、と考えている方もいらっしゃるかと思います。マイナビやリクナビほどの知名度はないけれど拠点もいろいろありそうだし、どんなエージェントだろう?と気になっている方も多いかもしれませんね。

登録するために、「自分に役に立つのかな?」と情報を探してみても、公式サイトには表向きの情報しかありませんし、口コミ系のサイトでも情報量が膨大で見るのも大変です。結果、本当に登録して大丈夫なのかな?と思ってしまうでしょう。

このページでは、ワークポートを使った転職について、どうしたら有益な情報を得られるか、そのうえで転職したいと思ったらどう利用すべきか、現役エージェントの知見から、ワークポートでの転職について触れたいと思います。

このページを読んでいただければ、ワークポートを利用した転職についての情報は一通り揃っているかと思います。あなたがワークポートを使って転職すべきかの判断材料になり、さらに転職したいと思った場合、ワークポートで理想の転職が実現できる可能性が高まるはずです。

ちゅうちゅう

転職活動でワークポートは使えるのかな?と思っている方向けの記事です。読んで損はないはずですよ。

リアルリアル

(転職決定人数で1位を取ったこともある転職エージェントなんだって?)

次章以降で詳細について触れますが、ワークポートでの転職についての所見をまとめます。

転職を考える際、押さえるべきワークポートの特徴

  • 転職コンシェルジュによる、きめ細かいサポートがマンツーマンで受けられる。
  • 個別の面接対策、書類作成のアドバイスが受けられる。
  • IT系やゲーム関連、ベンチャー企業に強い。
  • IT系企業以外の求人があまり充実していない。
  • 求人の質より量を重視している。
  • ビジネスライクな対応に感じる場合もある。

ワークポートに登録するうえで、押さえておくべきポイント

  • 求人の質より量を重視しており、多くの案件を紹介される。
  • 総合エージェントであるが特にIT・ゲーム業界に強みをもっているため、始めからIT・ゲーム業界以外の転職を考えている場合は、ワークポートを使う必要はないかも。

2.ワークポート(WORKPORT)って、どんな転職エージェント?

ワークポートは各地に拠点を持つ総合転職エージェントであり、特にIT系やゲーム関連、ベンチャー企業に強みを持っています。また、転職エージェント媒体で多数の受賞履歴があり、50万人もの利用実績があります。非公開を含め、常時30,000件以上の求人案件を保有しており、専任の転職コンシェルジュによるサービスがマンツーマンで受けられます。

同様に、ITエンジニアやクリエイターの方向けのエージェントとして、dodaエンジニアITがあります。

項目 内容
取り扱い地域 日本全国
面談場所 東京、埼玉、横浜、千葉、仙台、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡、ソウル(韓国)、バンコク(タイ)、ホーチミン(ベトナム)
取り扱い業種 ゲーム、アミューズメント、インターネットサービス、WEB制作、広告・マーケティング・リサーチ、デザイン・出版・映像、SI、ソフトウェア、通信・ISP・データセンター、NI、コンサル・シンクタンク、ITコンサル、SES、人材サービス、アウトソーシング、メーカー(機械・メカトロ)、メーカー(その他)、受託(ハード・メーカー)、商社、メディカル・バイオ、銀行・信用金庫、小売・飲食、不動産、流通、教育、証券・その他金融、保険、建築・土木・設計、事務所(士業)、その他
取り扱い職種 ソフト開発/システムエンジニア系、クリエイティブ系、ネットワーク系、サポート系、研究、製品開発/品質・評価系、コンサルタント・プリセールス系、ゲーム関連、ものづくり系エンジニア、金融・保険・証券、建設・土木・プラント、不動産、営業系、事務・管理系、企画系、マーケティング・プロモーション系、役員、販売・サービス系、その他専門職系、未経験・第二新卒系、その他
求人数 30,000件以上
特徴
  • 転職コンシェルジュによる、きめ細かいサポートがマンツーマンで受けられる。
  • 個別の面接対策、書類作成のアドバイスが受けられる。
  • IT系やゲーム関連、ベンチャー企業に強い。
  • IT系企業以外の求人があまり充実していない。
  • 求人の質より量を重視している。
  • ビジネスライクな対応に感じる場合もある。
ちゅうちゅう

特定業界に強いにも関わらず、全国の求人を取り扱っているのは珍しいですね。

リアルリアル

(いいぞいいぞ。)

3.ワークポート(WORKPORT)のメリットは?

転職コンシェルジュによる、きめ細かいサポートがマンツーマンで受けられる。

ワークポートでは、キャリアコンサルタントのことを「転職コンシェルジュ」と呼び、単なるコンサルタントとは差別化を図っています。転職コンシェルジュは、求職者の業務経験やスキル、キャリアプランを考慮した丁寧なカウンセリングを行います。

各業界・職種に精通した転職コンシェルジュが転職アドバイスをするだけでなく、求職者が快適に転職活動を行えるようにサポートしてくれます。まるでホテルの「コンシェルジュ」のようなきめ細やかなサポートで、スムーズでストレスフリーな転職活動を応援してくれます。

転職活動は、企業に応募して面接に行くだけではありませんよね。面接日程や入社時期の調整はもちろんのこと、年収交渉や、現在の会社を円満に退職するなど、少し億劫なやり取りがあります。忙しい方なら、尚更やりたくないですよね。ワークポートの転職コンシェルジュなら、そういった面倒なやり取りを求職者に代わってやることも可能です。

また、ワークポートの転職コンシェルジュはIT業界の知識が豊富という口コミもありました。IT系の求人は、大手エージェントを凌ぐ質と量を持っている、という意見もありました。大手のエージェントだから安心というのも、もちろん悪くないですが、目的に合った転職エージェントを選ぶのも転職活動をする上で大事なことです。

個別の面接対策、書類作成のアドバイスが受けられる。

企業の応募に際して、履歴書や職務経歴書などの書類が必要になってきます。中には、どの企業にも同じ書類で応募するエージェントもありますが、企業ごとに変えた方がよいでしょう。書類通過率が断然違います。

ワークポートの場合、転職コンシェルジュが企業ごとに求職者に合う内容を提案してくれます。転職コンシェルジュはこれまでに何件も書類を作成しているプロですから、アドバイスをもらった方が、一人でやるより安心できます。まずは書類通過しなければ面接に辿り着くことが出来ませんから、プロの手を借りてとにかく面接まで行くのが賢明です。特に転職活動が初めてでよく分からない方は、遠慮なくサービスを受けるとよいでしょう。ワークポートのサイトに載っている、履歴書や職務経歴書のテンプレート・書き方などもかなり丁寧で分かりやすいのでおすすめです。テンプレートは28種類も用意されているので、書類作成が苦手な方は必見です。

書類が通過したら次は面接です。転職活動の一番の要ですね。面接内容やその評価方法も、企業によりかなり異なります。面接に自信のある方もいらっしゃると思いますが、不安を感じる方、事前対策をしたい方も多くいらっしゃると思います。

ワークポートなら、効率よく面接対策をすることが可能です。グループとして創業以来記録し続けてきた豊富なデータがあるため、このデータをもとに的確なアドバイスが受けられます。

IT系やゲーム関連、ベンチャー企業に強い。

ワークポートはもともとIT系・ゲーム関連をメインに扱ってきたエージェントなので、これら業界の企業とのパイプは強く、求人数も多くあります。Hello world(ハローワールド)というITエンジニア・プログラマー専門の転職サイトも運営しており、ITエンジニアを考えている方に向いているエージェントと言えます。

拠点が多いのも特徴です。ITに強いエージェントは他にもやギークリーなどがありますが、いずれも首都圏の求人が中心となっています。

また、転職コンシェルジュがITベンチャーに詳しく、業界の内情や働き甲斐などを教えてくれるという口コミがありました。ベンチャー企業に興味がある方は、大手エージェントよりもワークポートの方が希望に沿った求人が見つかるかもしれませんね。

4.ワークポート(WORKPORT)で失敗しないために知っておくべきデメリット

IT系企業以外の求人があまり充実していない。

ワークポートはIT業界限定のエージェントではありませんが、IT・ゲームに強いエージェントです。そのため、IT系企業以外をみると、求人がそこまで充実していないという評判があります。

IT業界、エンジニアを目指しているわけではない方にとっては、あえてワークポートを使うメリットは少ないと思います。他の大手総合エージェントなどを使った方が、自分に合った求人を見つけられるかもしれません。

求人の質より量を重視している。

ワークポートは、面談の直後から数十件の求人を提示してくれますが、質より量を重視している傾向があるようです。なるべく多くの案件を見て検討してもらうことに重きを置いているため、細かい希望に合致した求人のみではなく、ある程度の幅を持った案件を紹介するスタイルです。

考えようによっては、初めから自分の希望に沿ったものだけよりも、新たな観点から提案してもらえたほうが、可能性が拡がることもあるかもしれませんね。考えてもみなかった求人に出会うチャンスとも言えます。

さて、多くの求人を紹介されても全てに応募するわけにはいかないので、どの企業に応募するのか選別する必要があります。この時、「この会社はどんな感じなんだろう?」と気になることもありますよね。年収や勤務時間の実態など、実際に働いている方の口コミが見たいと思う方もいらっしゃると思います。

その際、企業の内情を知るために以下のようなサービスがあります。現役社員、元社員の口コミであるため、信用できる情報なのかどうかの問題はありますが、もし共通する内容が多いなら、その求人を担当するアドバイザーに事実確認してみるのが良いでしょう。

なるべく「新卒社員」は除外し「中途入社社員」の口コミに絞って参考にするのがコツです。また、最低2サイトは利用し、意見の偏りを防ぐことをおすすめします。

ビジネスライクな対応に感じる場合もある。

ワークポートは対応が早く、登録から面談の予約などやりとりがスピーディーに行われます。時間の節約という意味でも、無駄を省いて事務的なやり取りになってしまうことがあるようです。また、eコンシェルなどツールが充実しているため、直接会ってやり取りをするというよりはツール上で完結してしまうことが多いようです。

色々と干渉されるのが煩わしい場合はむしろ、転職活動を進めやすいかもしれませんね。もっと親身になって相談に乗ってほしい方は、転職コンシェルジュに伝えましょう。担当を変えてもらうのも一つの手です。

ちゅうちゅう

転職口コミサイトを4件紹介しましたが、まずは自分の会社の口コミを見てみるのがおもしろいと思います。

リアルリアル

(考えるな。感じるんだ。)

5.ワークポート(WORKPORT)の特徴から、向いているのはどんな人?

これまでのメリットやデメリットを踏まえ、ワークポートの利用をおすすめしたいのは、以下の方です。

IT、ゲーム業界やベンチャー企業に興味があり、色々な企業を見てみたい人

ワークポートは総合的な転職エージェントであり様々な業界の求人がありますが、やはりおすすめはIT業界です。また、豊富な求人があるため、色々な企業の求人を見てから検討したい方にも向いています。幅広い地域に対応しているため、首都圏以外で仕事を探している方にも心強いエージェントと言えるでしょう。

6.ワークポート(WORKPORT)の流れ(最初の登録のやり方から転職先への入社まで)

登録は、約1分で終わります。

流れは以下のとおりです。

プロフィールの入力:氏名や生年月日、電話番号などの基本情報

完了

ワークポートでは、この登録の段階でスキルや職務経歴を入力する所はありません。とても簡単に登録できます。転職活動しようかどうか迷っている方も、これならすぐにできます。まずは登録してみましょう。登録することで転職活動への意欲が高まり、色々と行動に移せるかもしれません。

具体的に画面で見てみましょう。

プロフィール入力

公式サイトにアクセスし、「転職相談はこちら」リンクより、プロフィールを登録します。登録は無料です。

記入内容は以下のとおりです。

  • 氏名
  • 氏名かな
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所(都道府県のみ)
  • 希望勤務地
  • 希望職種

非常に基本的なプロフィールを入力するだけとなっています。直近の年収や経験職種を登録するエージェントも結構ありますが、ワークポートは登録の段階では一切そういった情報を入力する必要はありません。とても簡単ですね。

登録完了

以上で登録は完了です。登録後、申し込み当日~3営業日程度でワークポートから連絡が来ます。 メールの案内にしたがい、「面談予約画面」より面談の希望日程を入力します。平日であれば、1営業日程度で面談日程の案内メールが届くようになっているので、急ぎの転職でも安心です。

主な面談内容は、これまでの職務経験、転職理由と目的、具体的な希望のヒアリングなどです。この面談時までには、職務経歴書、デザイン系の職種を希望の方はポートフォリオ(作品集)を準備するとよいでしょう。話が進みやすいです。その後は受けたい企業に応募し、面接を経て入社に至ります。

7.ワークポート(WORKPORT)を上手に使いこなすためのコツ・注意すべきポイント

ここからは、実際にワークポートに登録完了した後の話になります。
ワークポートの担当者から、面談の誘いについての連絡が入ります。その後面談を行うわけですが、そこからの注意点をお伝えします。

仕事観や人生設計含め、転職エージェントに対しては、本音トークを心がけましょう。

転職希望者にとって、転職は人生を賭けた勝負です。そのため、転職エージェントとは最初から本音トークを行いましょう。隠し事はもちろん遠慮して本音を伝えないと、後から「お互い時間の無駄」になってしまいます。

求人企業との面接とは違い、転職エージェントは橋渡し役の立場になるため、「どんな会社を受けたいのか、どんな会社は受けたくないのか」「どんな仕事がしたいのか、どんな仕事はやりたくないのか」この辺は遠慮なく伝えてください。
言ってしまえば、転職エージェントにとって、転職希望者は「商品」という位置付けです。そのため、転職希望者がどんな人間なのか?もちろん初対面ですから知らないわけで、それを知ることによって、提示される求人の精度が高まります。あなたにとっても、求める求人情報以外は提示されたくないと思いますので、遠慮なく最初に本音を伝えておきましょう。
また、複数の転職エージェントを利用する場合、その旨も先に伝えておきましょう。そうすることで、他の転職エージェントに勝つために、あなたへの対応優先度が上がる可能性があります。

転職エージェントから紹介された求人情報に断りを入れる際は、次につながる断り方をしましょう。

転職エージェントとの面談時、もしくはその後日、転職エージェントからあなたの希望に合うと思われる求人情報の紹介を受けます。その際、「うーん、この会社か、あんまりいい話聞かないな。。」とか「うーん、この会社にはすごく入りたいんだけど、この仕事はちょっとな。。」と思う時が必ず訪れるでしょう。その際は、転職エージェント側の気持ちを踏まえ、以下のように次につながる断り方をしましょう。

  • 断りを入れる前に、その求人情報が自分に合うと、どの点で判断したのか聞いてみる。そのうえで、自分の希望に合わない点を伝えたうえで断りを入れる。
  • その会社で働いている(働いていた)知人や友人がいて、内情を聞いている限りどうしても興味が湧かない、と伝えたうえで断りを入れる。
※「ネット上での口コミを見て興味が持てない」というのは、現実性に乏しく、あまりおすすめできません。ただ、その際はその口コミ内容を伝えたうえで、実際はどうなのか聞いてみると良いでしょう。また、転職エージェントの担当者によっては、「口コミサイトは当てにならないし、見ない方がいいですよ。」とあなたに言ってくる場合もあります。そういった担当者に当たった場合は、担当者を変更してもらうことも視野に入れたうえで興味が湧かず断りたい、と意思を表示しましょう。
逆に、以下のような断り方はやめましょう
  • 理由を伝えることなく断りを入れる。
  • 最初の対面時ではなく、後日メールでの紹介があった場合、そのメールを無視して返信しない。
このような対応を行うと、その後紹介される求人がガクっと減ってしまうなど、担当者にとってのあなたの対応優先度が低くなってしまい損につながります。

転職エージェントから紹介された求人情報に興味を持った場合、その求人情報の背景を把握しましょう。

転職エージェントとの面談時、もしくはその後日、転職エージェントからあなたの希望に合うと思われる求人情報の紹介を受けます。その際、「お!これはぜひ受けてみたい!」という瞬間が訪れることがあるでしょう。その際は、転職エージェントに対して、あなたがその求人に興味を持っていることを伝えるとともに、併せて以下のように質問してみましょう。

  • なぜ中途社員が必要なのか(例、新しいポジションか、既存社員が辞めた埋め合わせか、業績向上による人員増強か、など)
  • いつ頃から募集しているのか。
  • 現時点で決まっていない理由は何なのか。
  • 面接に受かる人にはどんな傾向があるのか。逆に落ちる場合はどんな傾向があるのか。
このような確認を行い、得られた情報を書類選考・面接対策に反映することで、あなたの転職成功確率が高まることでしょう。

転職エージェントの担当者と合わない場合は、担当者変更を要求しましょう。

転職エージェントから求人情報の紹介が始まった後が一般的ですが、次のような場合は担当者に直接、担当者変更を依頼しましょう。

  • うまく付き合おうと努力を重ねたが、人間としての相性も含め自分とは合わない。
  • 見当違いの企業ばかり紹介してくる。
  • 求人情報について、担当者自身が詳細把握できていない。
  • メール返信等、対応がとても遅い。
転職エージェントにとっても、避けたいのはあなたが他の転職エージェントに逃げてしまうことです。そのため、その担当者に対して、思い切って担当者変更を依頼しましょう。
その際、注意点は以下のとおりです。
  • (これは必須です!)これまでサポートしてもらった感謝の気持ちを伝える。
  • 転職活動に慣れていないため不安が大きく、「他の担当者の意見も聞きたい」と伝える。要するに、その担当者に外れて欲しいのではなく、別の担当者の意見も聞きたいと伝える。
このように依頼すれば、悪い印象を与えることなく、スムーズな担当者変更につながるはずです。

主導権は転職エージェントではなく、あなたにあることをしっかり肝に銘じましょう。

これが一番重要なのですが、転職エージェントと面談を行い、その後コミュニケーションを続けていく中で、あなた自身の気持ちや担当者との相性によって、「何のために転職活動をしているのか」よく分からなくなってしまう場合があります。

転職エージェントは転職のプロとして、あなたと対等の立場で接してくることが多いです。ただ、中には「どんどん応募しないといつまでも決まりませんよ。多少希望と違ったとしても、まずは受けてみましょう」など、とにかく数をこなすよう促される場合もあります。
その際、転職エージェントに振り回されることなど決して無いよう「主導権は自分にある」ということを肝に銘じましょう「転職エージェントと上手に付き合う」というのは、「転職エージェントを上手に使いこなす」ということです。
決して高慢な態度を出してはいけませんが、「この転職希望者にはぜひ成功して欲しい!しっかり協力しよう!」と、気持ち良く仕事をしてもらうようにしましょう。担当者もあなたと同じ人間です。「最低限のビジネスマナーを守る」「約束は守る、できない約束はしない」「なるべく早めの対応を心がける」など、普段の仕事と同様の感覚で接しておけば間違いないと言えるでしょう。
ちゅうちゅう

転職エージェントはあなたの味方なので、本音で接しつつ協力してもらうためにきちんとビジネスライクに付き合えば何の問題もないってことですね。

リアルリアル

(お頼み申します!)

8.まとめ:評判の良し悪しは、IT・Web・ゲーム業界やベンチャー企業に転職したいかどうかによる。

ワークポートについて、必要な情報は全て提示しました。

IT・Web・ゲーム業界やベンチャー企業に転職することを決めていて、色々な企業を見てみたい方には間違いなくおすすめです。dodaエンジニアITとよく比較されますが、登録するための入力内容は同じですし、どちらも無料です。両方利用して、転職市場価値を知るための情報収集として使ってみても良いのではないでしょうか。

理想の転職が実現できるよう、少しでも参考にしていただければ光栄です。

ちゅうちゅう

ワークポート、転職に使えそうでしたか?引き続き活動がんばりましょう!

リアルリアル

(ごちそうさまでした!)

<番外編>ワークポート(WORKPORT)以外におすすめの転職エージェント

Geekly(ギークリー)|IT業界でエンジニア以外の求人も豊富

ギークリー』は、IT・Web・ゲーム業界に特化した専門性の高いエージェントです。

業界の主要な会社と太いリレーションを築いているため、ギークリーだけが取り扱える独占求人も多くあります。 求人数は18,800件(公開求人数+非公開求人数 ※2019年12月)時点の規模で、拠点は4カ所(※)あります。 ※東京、神奈川、千葉、埼玉

ギークリーは、内定が出るまでにかかる時間が平均して約1ヶ月間とスピーディーなので、急いで転職したい方に向いています。特に首都圏勤務の案件が中心となっているため、首都圏でIT系企業に転職したい方におすすめです。

また、エンジニアだけでなくIT企業の管理系の求人があるのもギークリーの特徴です。エンジニア希望ではないけれど、IT業界に興味がある方にも向いています。

ギークリー公式サイトhttps://www.geekly.co.jp/

dodaエンジニアIT|業界大手dodaのITエンジニア・クリエイター向け窓口

dodaエンジニアIT』は、業界大手dodaのITエンジニア向け窓口です。ITエンジニアやクリエイターの方が求人を探しやすいように作られたサイトであり、dodaと同じサービスが受けられます。

求人数が圧倒的に多く、他エージェントで求人が見つからない場合や、地方で転職を考えている方にもおすすめです。拠点は全国に10カ所(※)あります。 ※東京、横浜、札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡

転職情報サイトと転職エージェントが一つになっていることが大きな特徴です。自分で求人を探すか、エージェントを利用するか迷っている人に向いています。アカウントは一つで済むので、まずは登録して求人を探しながら、状況に応じてエージェントサービスやスカウトサービスを利用するなど柔軟な転職活動が可能です。

dodaエンジニアITのサイトは、転職ノウハウや履歴書テンプレなど役立つ情報が盛りだくさんなので、転職活動初心者の方にもおすすめです。

dodaエンジニアIT公式サイトhttps://doda.jp/engineer/